ベーグルダイエット知っておきたい効果や方法 注意点など

ベーグルダイエット知っておきたい効果や方法 注意点など

朝は必ずパンを食べる、菓子パンは毎日のおやつ、新しいパン屋さんを発見したら必ずチェックする。お米文化の日本と言われていますが、パンは幅広い世代に親しまれ、今は朝ごはんとしても定着しつつあります。

しかし、パンは太りやすいためダイエットしている時は控えることを推奨されることも多いでしょう。パン好きな方にとっては、ダイエット期間中は辛い思いをされるのではないでしょうか。

ただ、パンをガマンしてダイエットに成功しても、またパンを食べ始めたらリバウンドを繰り返してしまいます。そこで、パンの種類を変えてダイエットする方法をご紹介しましょう。

それが、「ベーグルダイエット」です。いつものパンをベーグルに変えるだけで、パンを楽しみながらダイエットすることが可能になります。ベーグルダイエットはどのように行うのか、やり方や注意点などさまざまな情報を幅広くご紹介していきましょう。

PR

ベーグルダイエットとは?

ベーグルダイエットとは?

ベーグルダイエットとは、いつも食べているパンの種類をベーグルに変えるだけでダイエットできる方法です。パンが大好きな人は、パンを食べることをガマンするとストレスがかかってしまいますが、ベーグルならパンを食べたいという気持ちを叶えながら、ダイエットも成功させることが可能になります。

ただ、ベーグルならどれくらい食べてもいいのだろうとたくさん食べたり、食べ方を間違ったりしてしまうと、逆に太ってしまうこともあります。ダイエットに失敗しないためにも、正しいやり方を学んでいきましょう。

ベーグルダイエットのやり方について

ベーグルダイエットのやり方について

ベーグルダイエットのやり方は、とってもシンプルです。今まで食べていたパンの種類を、ベーグルに変えるだけでダイエットすることができます。

毎朝トーストを食べていたという方はベーグルトーストに変え、お昼にサンドウィッチを食べていた方はベーグルサンドに変え、おやつにデニッシュパンを食べていた方は甘いベーグルに変え、夕食のスープにフランスパンを合わせていた方は、かわりにベーグルを添えます。たったこれだけで、ダイエット効果を生み出すことが可能になるのです。

なぜベーグルはダイエットに良いの?効果は?

なぜベーグルはダイエットに良いの?効果は?

ベーグルダイエットでは、今まで食べていたパンの種類をベーグルに変えるだけでダイエットすることができます。では、なぜベーグルは他のパンに比べるとダイエット効果が高いのでしょうか。

それは、ベーグルの作り方や原材料が他のパンとは違うからです。ベーグル独特の製法や特徴があるからこそ、ベーグルはダイエットに最適なパンになることができますので、ベーグルについて詳しくご紹介していきましょう。

ベーグルとは?

ベーグルとは?

ベーグルがダイエットに良いのは、ベーグル独特の製法や特徴があるからです。まず、ベーグルは他のパンに比べると原材料が非常にシンプルです。

ベーグルを作っているパン屋さんによって細かな原材料は異なりますが、基本的に強力粉、酵母、水、砂糖、塩だけで作ることができます。

卵や牛乳、バターや油などを使わないため、他のパンに比べるとかなりヘルシーなことがお分かり頂けると思います。

ベーグルの発祥について

ベーグルの発祥について

ベーグルは、もともとヨーロッパを中心に作られていたと言われています。しかし、ヘルシー志向からアメリカのニューヨークで人気に火が付き、世界中にその存在を知られるようになったとされています。

日本にもベーグルは浸透し始めており、ベーグル専門店も数多くできるようになりました。最近は、インターネットで大量に注文できるようになったため、より多くの人に馴染みやすいパンとなってきていると言えるでしょう。

ベーグルのカロリーについて

ベーグルのカロリーについて

ベーグルがダイエットに良いのは、原材料がシンプルで他のパンに比べるとヘルシーだからです。では、実際にベーグルと他のパンではどれくらいカロリーの差があるのでしょうか。

100gあたりのカロリーで調べてみると、クロワッサンが448キロカロリー、デニッシュが396キロカロリー、ロールパンが   316キロカロリー、クリームパンが305キロカロリー、ベーグルが237キロカロリーとなっています。

パン屋さんにより細かな材料の配分は異なりますので、ひとつの目安ではありますが、クロワッサンに比べるとベーグルのカロリーは約半分に近いため、かなりヘルシーなパンだということがわかるでしょう。

GI値の低さについて

glycemic-index

ベーグルがダイエットに良いのは、カロリーが低いからだけではありません。実は、ベーグルはGI値も低いためダイエットに最適なのです。GI値とは、炭水化物を食べた後に、血糖値の上がるスピードを示したもので、数値が高いほど血糖値が急上昇しやすく、数値が低いほど血糖値の上昇が緩やかになります。

血糖値が急上昇すると、バランスを取ろうとインシュリンが活発に分泌され、各細胞に糖を運んでしまいます。消費されなかった糖は、そのまま脂質に変換されて蓄積されるため、太る原因となるのです。

GI値が低ければ、血糖値が急上昇することもありませんしインシュリンが活発に分泌されることもないため、太りにくくなります。

例えば、食パンのGI値は100もありますが、ベーグルのGI値は75です。ベーグルが全粒粉やライ麦を使用していれば、さらにGI値を低く抑えることができるでしょう。パンの中でも、ベーグルのGI値は低いため、太りにくくダイエットに最適なのです。

脂質の少なさについて

ベーグルがダイエットに良いのは、脂質も少ないからです。ベーグルは、卵や牛乳、バターなどを使わないため、脂質を最小限に抑えることができます。

バターがたっぷり入っているクロワッサンには、100gあたり約27gの脂質が含まれていますが、ベーグルは僅か1gしかありません。そのため、ベーグルは低コレステロールのパンとしてもダイエットの強い味方となってくれるのです。

ベーグルの製法について

ベーグルの製法について

ベーグルは、他のパンと違い作り方にも個性があります。一般的なパンは、発酵させて成形し、二次発酵させてからオーブンで焼き上げることがほとんどです。

しかし、ベーグルは発酵させて成形したら、お湯で茹でてからオーブンで焼き上げます。このお湯で茹でるというのが、他のパンにはない工程です。

また、お湯で茹でることでベーグル独特のモチモチとした食感も得られるようになっています。この食感も、ダイエットには欠かせない要素のひとつになっているのです。

噛み応えのあるベーグル.

噛み応えのあるベーグル

ベーグルがダイエットに良いのは、他のパンに比べてモチモチとした食感があるからです。パンと言えば、ロールパンのようにふんわりとしていたり、デニッシュパンのようにサクッとしていたりすることがほとんどです。しかし、ベーグルは茹でてから焼き上げているため、モチモチとした独特の食感を楽しむことができます。

また、ベーグルは生地が詰まっているため、数回噛んですぐに飲み込むことができないほど弾力があります。噛む回数が増えることで、脳に刺激が伝わり満腹中枢が働いて満足しやすくなるため、食べ過ぎを防ぐことができるのです。

他のパンと違い、ベーグルなら少ない量でも満腹だと感じることができるため、少ない量のパンでも充分お腹をいっぱいにすることができるでしょう。

ベーグルの食べ方について

ベーグルの食べ方について

ベーグルは、カロリーが低く脂肪も少ないGI値も低いため、他のパンに比べるとかなりヘルシーです。また、茹でてから焼くため、噛み応えのあるモチモチとした食感を楽しめるため少量でも満足しやすくダイエットには最適だということがお分かりいただけたと思います。

では、ベーグルダイエットでは、ベーグルをどのように食べるのがオススメなのでしょうか。まず、ベーグルは生地が美味しいので何もつけずにそのまま食べてみるようにしましょう。

電子レンジやオーブントースターで温めると、甘みを感じやすくなりますし、生地にも柔らかさが出るのでオススメです。

全粒粉やナッツを選ぶ

全粒粉やナッツを選ぶ

ベーグルダイエットとしてベーグルを食べる場合、できるだけ何も味付けしないのが理想的です。プレーンのベーグルであっても、生地の甘みを感じやすいのでそのまま楽しむことができますが、毎日食べると飽きてしまいますので、さまざまな種類のベーグルを試してみるようにしましょう。

ライ麦や全粒粉など茶色いタイプのベーグルは、GI値も低いですし風味が変わるため、そのままでも美味しく食べることができます。

また、クルミやピスタチオ、アーモンドなどのナッツ類や、ゴマが入っているベーグルも、食感を楽しめるのでオススメです。

野菜と一緒に食べる

野菜と一緒に食べる

ベーグルダイエットとしてベーグルを食べる場合、野菜と一緒にして食べるようにしましょう。野菜は食物繊維が豊富ですしカロリーも低いため、ダイエットを強力にサポートしてくれます。

オニオンスライス、トマト、レタス、ピクルスなどをベーグルに挟んで、塩コショウをして、不飽和脂肪酸がたっぷり入っているオリーブオイルをかけて食べれば、ヘルシーなベーグルサンドとして楽しむことができます。

たんぱく質もダイエット中には欠かせませんので、ヘルシーなササミや赤身肉を挟むようにすると良いでしょう。スムージーと一緒に食べるベーグルダイエットとして、ベーグルと野菜を一緒に食べたいけれど野菜を挟むのが面倒という方は、スムージーをプラスしましょう。

スムージーなら、ミキサーにかけるだけで手軽に野菜を取ることができますし、満腹感がプラスされるのでベーグルと一緒に食べるのには最適です。フルーツもスムージーに入れれば、甘みもプラスされてプレーンのベーグルでも充分楽しむことができるでしょう。

クリームチーズは控えよう

クリームチーズは控えよう

ベーグルの食べ方で定番なのは、クリームチーズやジャムを塗って食べる方法です。しかしそれでは、せっかくヘルシーなベーグルにカロリーや脂質がプラスされてしまいます。

ベーグルはヘルシーに食べてこそダイエット効果が出てきますので、クリームチーズやバターなどは控えるようにしましょう。どうしても食べたい場合は、水切りしたヨーグルトやカッテージチーズを代わりに塗ると満足しやすくなります。

食べ過ぎに注意しよう

食べ過ぎに注意しよう

ベーグルダイエットでは、いつものパンの代わりにベーグルを食べますが、ベーグルが美味しいからといって食べ過ぎるとダイエットにはなりません。

ヘルシーなベーグルでも、たくさん量を食べれば身体は太ってしまいますので、ベーグルは1食につき1個までに抑えるようにしましょう。特に、野菜を挟んだりする場合はカロリーがプラスされるので、必ずベーグルは1個までにしてください。

切り方で食感は変わる

切り方で食感は変わる

ベーグルダイエットでは、毎日ベーグルを食べるので、温め方や切り方で食感は変わることをご紹介しておきましょう。まず、ベーグルを丸ごと温めるとモチモチとした食感を楽しむことができます。

電子レンジで温めると、ふんわり感が出やすいでしょう。ベーグルを横にスライスして切って焼くと、表面がカリカリしてトーストのような食感に変わります。

さらに、ベーグルを薄くスライスして焼いていくと、フランスパンのようにカリカリしますし、焼き時間を長くするとラスクのように楽しめるでしょう。焼き方によって印象は大きく変わるので、お料理や気分に合わせて切り方を工夫してみてください。

手作りのススメ

手作りのススメ

ベーグルダイエットでは、毎日ベーグルを食べるため、ベーグルづくりに興味がわいてくる方もいらっしゃるでしょう。ベーグルは一時発酵をして茹でて焼くだけなので、普通のパンよりも手間が少なく作りやすいのが特徴です。

粉にこだわったり、好きなモチモチ具合を調整したり、お気に入りのナッツやドライフルーツを入れたりすると、より楽しくベーグルダイエットを続けることができるので、一度チャレンジしてみるのも良いでしょう。

まとめ

ベーグルダイエットについて詳しくご紹介しました。パンが大好きな方は、いつものパンをベーグルに変えることで、ストレスなくダイエットすることができます。ベーグルはどんな食材にも合いますし、切り方や温め方で食感も変わるので、飽きずに楽しむことができるでしょう。

ヘルシーなベーグルの魅力を理解し、ダイエットとして取り入れることができれば、パン好きであってもダイエットを成功させることは可能になります。パン好きだからこそ、ベーグルの魅力を再発見してダイエットを楽しんでくださいね。

PR