生理後ダイエット知っておきたい効果や方法 注意点など

生理後ダイエットを行う前に知っておきたいこと

女性の体重は、いつも一定せず変動することが良くあります。特に、生理前になるといつもより体重が増えてガッカリしてしまう方も多いのではないでしょうか。女性の体重が変動しやすいのは、生理や排卵により身体のサイクルが目まぐるしく変化していくからです。

そのため、体重が増えやすい時期が発生してしまいます。しかし、それとは逆に体重が減りやすい時期もあることをご存知でしょうか。実は、生理後は体重が減りやすくダイエットに最適な時期だと言われているのです。

この時期に集中してダイエットを行うことで、結果を生み出しやすいということから、多くの支持を集めています。そんな生理後ダイエットについて、さまざまな情報を詳しくご紹介していきましょう。

PR

生理後ダイエットとは

生理後ダイエットとは

生理後ダイエットとは、生理が終わってから1週間~10日間ほどかけて集中的にダイエットを行うことを言います。

生理後はダイエットに最適な時期であることから、効率よくダイエットを成功させたい方にオススメの方法です。また、今までダイエットに失敗しやすかった方も、生理後ダイエットで結果を出しやすくなるでしょう。

生理後が最適な理由

生理後が最適な理由

生理後ダイエットは、生理が終わってから1週間~10日間ほどの期間にダイエットを行っていきます。では、なぜ生理後がダイエットに適しているのでしょうか。

それは、ある女性ホルモンの作用が関係しています。女性の身体は、黄体ホルモン(プロゲステロン)と、卵胞ホルモン(エストロゲン)という女性ホルモンの働きにより、生理が引き起こされたり、排卵が引き起こされたりしています。これらの作用が、ダイエットの効果もサポートしてくれるのです。

ダイエットをサポートする女性ホルモン

ダイエットをサポートする女性ホルモン

生理後がダイエットに最適なのは、卵胞ホルモン(エストロゲン)が活発に分泌されている時期だからです。

卵胞ホルモン(エストロゲン)は、生理後~排卵日にかけて活発に分泌される女性ホルモンで、卵子を排卵させて受精させやすい環境を整えるために、多くのエネルギーを身体から使おうとします。そのため、活発に基礎代謝が上がり痩せやすくなるのです。

デトックス効果について

デトックス効果について

生理後がダイエットに最適なのは、卵胞ホルモン(エストロゲン)が活発に分泌されるからです。卵胞ホルモン(エストロゲン)は、卵子が受精しやすい環境を整えるため、子宮内膜を厚くしたり老廃物を流して新陳代謝を活発にさせたりする作用があります。

生理前から生理中にかけては、身体に多くの水分や脂肪、老廃物を溜め込んでいる状態が続くため、生理後は一気にそれがデトックスされリセットされていきます。そのため、この時期にダイエットすることで、より効率よく老廃物や不要な脂肪を除去することができるのです。

生理前に体重が増える原因

生理前に体重が増える原因

女性の身体が、生理後にデトックスしやすくなるのは、生理前から生理中にかけて、身体に不要な水分や老廃物などを溜め込む時期があるからです。

排卵が起きてから生理が始まるまでの時期は、黄体ホルモン(プロゲステロン)という女性ホルモンが活発に分泌されるため、必要なエネルギーが溜め込まれやすくなってしまいます。

そのままだと、身体は不調な状態が続いてしまいますが、生理後のデトックス効果でリセットされるため、プラスマイナスがゼロとなるのです。

生理後に行うべきダイエットとは

生理後に行うべきダイエットとは

生理後は、生理前から生理中にかけて溜め込まれたものが、デトックスされリセットされる時期です。そのため、生理後にダイエットを行うことで、効率よくダイエットを進めることができます。

では、生理後にはどのようなダイエットを行うと良いのでしょうか。まず、摂取する食べ物の量を少し抑えるようにしましょう。食べ物の量を抑えることで、身体に入ってくるエネルギーが少なくなり、身体に溜め込まれたエネルギーが使われやすくなります。

生理後は、新陳代謝が活発になって、たくさんのエネルギーが消費されやすい時期なので、食べ物の量を抑えることで、より効率よく不要な脂肪がエネルギーとして使われやすくなるでしょう。

何を控えるべきか

何を控えるべきか

生理後は、デトックス効果が高まり新陳代謝も活発になるため、食べる量を抑えることで身体に蓄積された脂肪がエネルギーとして使われやすくなります。では、どのような食べ物の量を減らすとダイエット効果を得やすいのでしょうか。

身体が食べ物からエネルギーを補給して活動する場合、真っ先に糖質をエネルギー源にします。糖質とは、炭水化物やイモ類、甘い食べ物などに含まれるものです。

糖質の多い食べ物が吸収されると、糖質はすぐにブドウ糖となってエネルギー源に使われます。しかし、たくさんのエネルギーがあり余ってしまうと、身体に脂肪として蓄積されるようになってしまいます。

糖質の多い食べ物を食べれば食べるほど、身体に蓄積された脂肪は使われず、余った糖質が新たな脂肪として蓄積されてしまうので、できるだけ糖質を多く含む食べ物は、生理後控えるようにしましょう。

糖質が多い食べ物について

糖質が多い食べ物について

生理後にダイエット効果をアップさせたいなら、糖質の多い食べ物は控えるようにしましょう。では、糖質を多く含む食べ物には、どのようなものがあるのでしょうか。

糖質を多く含む食べ物には、白米、トウモロコシ、小麦粉、ジャガイモ、サツマイモ、カボチャ、ビール、発泡酒、などがあります。甘いものにも糖質は含まれていますので、特に洋菓子は控えるようにしましょう。

洋菓子は小麦粉をたっぷり使っているだけでなく、生クリームやチーズなど脂質も多く使います。そのため、少量でもかなりのエネルギーとなるので、生理後は控えるようにしてください。

生理後に摂るべき食べ物とは

生理後に摂るべき食べ物とは

生理後のダイエット効果をアップさせたいなら、糖質など食べるものを制限するだけでなく、ダイエット効果を促す食べ物を積極的に摂るようにしましょう。

生理後に積極的に摂るべき食材として、野菜や海藻類、キノコ類、大豆があります。どれも繊維質が豊富に含まれているので、噛み応えがあって満腹感が得やすく、便通を改善させる効果もあります。

また、大豆にはイソフラボンという女性ホルモンに似た働きをする物質が含まれているため、生理によりバランスを崩した女性ホルモンを正常な状態に戻してくれるでしょう。生理後は、できるだけ味付けも薄めを心掛け、カロリーの低い和食を中心に食べるようにしましょう。

生理後ダイエットの効果を上げるために

ストレッチで基礎代謝をアップ

ストレッチで基礎代謝をアップ

生理後のダイエット効果をアップさせたいなら、ストレッチをしっかり行うようにしてください。生理前から生理中にかけては、血流が滞りやすくなっているので、生理後にしっかりストレッチを行うことで、基礎代謝がアップしやすくなり、ダイエット効果をさらに上げることができます。

腰をぐるぐる時計回り、反時計回りに回して腰周辺の筋肉をストレッチしたり、脚全体の筋肉や、背中、上半身も入念にストレッチしたりしていきましょう。

筋肉が伸ばされることでほぐれると、筋肉の収縮がスムーズになり近くを通っている血管をポンプのように刺激していきます。すると、血流がどんどん促進され、不要な老廃物などが処理されやすくなるでしょう。

また、ストレッチにより血流が改善されると、体温が上昇しさらに基礎代謝をアップしてくれるので、一石二鳥と言えます。

軽い有酸素運動をプラス

軽い有酸素運動をプラス

生理後のダイエット効果をアップさせたいなら、軽い有酸素運動もプラスしていきましょう。有酸素運動を取り入れることで、身体に蓄積された脂肪が燃焼されやすくなるからです。

有酸素運動として効果的なのは、水泳、ジョギング、ウォーキング、エアロビクス、縄跳び、フラフープなどがあります。消費カロリーが多いのは水泳ですが、生理後は身体が冷えやすい状態なので、身体の調子が不安定な場合は、他の有酸素運動を取り入れるようにしてください。

また、生理後急に運動し始めると、身体がついていけなくなることもあるので、徐々に身体を慣らしながら有酸素運動の時間を伸ばしていきましょう。

筋力トレーニングで痩せやすい身体に

筋力トレーニングで痩せやすい身体に

生理後のダイエット効果を持続させたい場合は、筋力トレーニングをプラスしていきましょう。この時期に筋力をつけておくことで、エネルギーを消費しやすく痩せやすい身体にしていくことができます。

筋肉は、何本もの筋線維の束で構成されていますが、筋力トレーニングをすると筋線維が断裂していきます。その断裂した筋線維が修復されるとき、さらに強く太くなるので、筋力がアップしていきます。筋力がアップすると、消費されるエネルギーが増すため、同じ量を食べていても痩せやすくなるでしょう。

ダイエットに効果的な筋肉について

ダイエットに効果的な筋肉について

生理後のダイエット効果を持続させたい場合は、筋力トレーニングを行うのがオススメです。では、どのような筋肉を刺激すると、よりダイエットに効果的なのでしょうか。

筋肉は大きくて広範囲にあるほど、消費カロリーをたくさん生み出してくれますので、腹筋、背筋、太もも周辺の筋肉は必ずトレーニングするようにしましょう。

特に、背中にはたくさんの筋肉が広範囲についているため、背筋を鍛えることで、消費カロリーが増えやすくなります。背筋をしっかりつけると、猫背を防止して姿勢も改善できるので、積極的に行うようにしましょう。

睡眠をしっかりとろう

睡眠をしっかりとろう

生理後のダイエット効果をアップさせるなら、睡眠をしっかりとっておくことも重要です。睡眠が足りないと、脳や身体が疲労してエネルギー代謝が落ちてしまうからです。

また、疲れを感じるとつい甘いものが食べたくなってしまうため、せっかくのダイエット時期が台無しになってしまいます。健康な心と身体は睡眠から得られるので、早寝早起きを心掛け、できるだけ同じ時間に就寝するようにしましょう。

可能なら、夜22時~夜中の2時の間に睡眠を確保できると、ホルモンバランスが安定しダイエット効果も上がりやすくなります。夜更かしはダイエットのジャマとなりますので、やらなければならないことは朝早起きして取り掛かるようにしましょう。

生理前から準備しておこう

生理前から準備しておこう

生理後は、卵胞ホルモン(エストロゲン)の働きによりデトックス効果がアップするため、ダイエットに最適な時期です。そのため、生理後にさまざまなダイエットをすることで、効率よく結果を出すことができます。

もし、生理後のダイエット効果をさらにアップさせたいと考えるなら、生理前からダイエットの準備をスタートさせておきましょう。

生理前は、黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が活発になるため、身体に脂肪や老廃物が溜め込まれやすくなります。また、気持ちが不安定になり暴飲暴食しやすくなるので、どうしても太りやすくなってしまうのです。

しかし、生理前の時期に不用意な脂肪やカロリーを摂取しておかなければ、生理後に無理にダイエットしなくても、自然にデトックスが始まり、身体がスッキリしてきます。だからこそ、生理前からダイエットの準備をしておくことが大切なのです。

大豆でバランスアップ

大豆でバランスアップ

生理後のダイエット効果をさらにアップするなら、生理前から準備しておくことでさらに効率良くダイエットすることができます。しかし、生理前は黄体ホルモン(プロゲステロン)の働きにより、気持ちが不安定になりやすいため、無理に食事を制限したりしようとすると、かえって逆効果になることがあります。

そんな時は、大豆製品を積極的に摂ることで、ホルモンのバランスを整えていきましょう。大豆製品に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンに似た働きをしてくれるため、生理前に乱れやすい女性ホルモンのバランスを整えてくれる効果があります。

そのため、暴飲暴食を防ぐことができ、不用意な脂肪やカロリーを溜め込まずに済むようになります。生理前は大豆パワーで暴飲暴食を防ぐことで、生理後に自然と体重が落ちるようになるでしょう。

まとめ

生理後のダイエットについて詳しい情報をご紹介しました。生理後は卵胞ホルモン(エストロゲン)の働きにより、ダイエットしやすい時期ですので、積極的に取り組んでいきましょう。

女性特有の身体の変化を利用し、良いタイミングでダイエットを行うことで、無理をせず効率よくダイエットしていくことができます。

女性ホルモンのメカニズムを知ることで、もっと身体と向き合い、健やかで美しい身体を手に入れていきましょう!

PR