脂肪燃焼スープで痩せる為に知っておきたい効果や方法 注意点など

脂肪燃焼スープで痩せる為に知っておきたいこと

短期間でダイエットを成功させたいけれど、大幅に食べ物を減らしたり、ハードは運動をしたりすることになれば、ちょっとハードルが高いと感じてしまいます。

ダイエットを成功させるには、まず身体に蓄えられた脂肪を燃焼させることが重要です。無理なダイエットをしても、身体についた脂肪を燃焼させることができなければ、結局我慢だけのダイエットで終わってしまうでしょう。

脂肪燃焼を効率よく行うには、脂肪燃焼スープを取り入れるのがオススメです。脂肪燃焼スープって何?脂肪燃焼スープで痩せるのは何故?などさまざまな疑問があると思いますので、メリットとデメリットも加え詳しくご紹介していきましょう。

PR

脂肪燃焼スープダイエットとは

脂肪燃焼スープダイエットとは

脂肪燃焼スープとは、コンソメや鶏がら、トマトなどをベースにした野菜たっぷりのスープのことを言います。基本的に脂肪燃焼スープを食事のメインとし、副菜として炭水化物やたんぱく質をプラスするというダイエット方法です。

また、脂肪燃焼スープダイエットは1週間の期間限定で行うことで、集中的に身体の代謝を上げ、痩せやすい身体づくりの土台を作ることができます。

短期間のダイエットはリバウンドしやすいですが、脂肪燃焼スープダイエットなら痩せやすい身体づくりができるため、ダイエット後も快調が続くようになるでしょう。

脂肪燃焼スープで痩せない理由

脂肪燃焼スープで痩せない理由

脂肪燃焼スープダイエットでは、1日に食べる食べ物を具体的に制限していきます。より効率を上げるためにも、ダイエット中の1週間はその他の嗜好品も節制するようにしましょう。

飲酒、甘いもの、揚げ物、清涼飲料水、炭酸飲料、缶ジュース、などは控える。パンやパスタなどの小麦粉類を控える。甘味料は控えることで、よりダイエットは成功しやすくなります。

少し物足りなさを感じることもあるでしょうが、身体に溜まった脂肪や老廃物をデトックスする期間ですから、余計なものを身体に取り入れないようにしておきましょう。

1週間という期間限定の理由と効果

1週間という期間限定の理由

脂肪燃焼スープダイエットは、1週間の期間限定で行います。それは、1週間以上続けると極端に炭水化物やたんぱく質を制限してしまうため、栄養バランスが崩れてしまうからです。

脂肪燃焼スープダイエット中は、食べるものを限定する代わりに、身体に溜まった脂肪や老廃物を燃焼し体外へ排出していきます。身体の中からキレイになってリセットされるからこそ、痩せやすい身体づくりを実現できるのです。

長く続ければ体重はどんどん減っていきますが、身体に必要なエネルギーが不足し、たんぱく質も足りていないので筋肉も落ちてしまいます。その結果大幅にリバウンドしてしまいますので、長期間は行わないようにしましょう。

脂肪燃焼スープリバウンドの可能性

脂肪燃焼スープリバウンドの可能性

脂肪燃焼スープダイエットを行うと、便通が良くなり身体の中からスッキリしてくるでしょう。ただ、ダイエット期間を終えて以前と全く同じように食事をとってしまえば、大幅にリバウンドしてしまう可能性はあります。

脂肪や老廃物が溜まってダイエットが必要になったのは、今までの食事が偏っていたということですから、脂肪燃焼スープダイエットを行った後は、ヘルシーな食事に切り替えるようにしましょう。

炭水化物を控えめにし、野菜を多く取り入れ、少しのたんぱく質をプラスすることでバランスの良い食事をとることができます。脂肪燃焼スープを副菜として、1品取り入れるのも良いでしょう。

スープを食事にプラスすることで満腹感を得やすくなりますし、身体も温まり消化や脂肪燃焼が促進され、太りにくい身体になっていきます。このことからも、脂肪燃焼スープダイエットが終わった後は、副菜として野菜たっぷりのスープを加えるようにしましょう。

効果がない場合 定期的に行う

効果がない場合 定期的に行う

脂肪燃焼スープダイエットは、1週間と限定されていますが、定期的に行うのもオススメです。ダイエット中は飲酒や甘いものも制限されるため、最近暴飲暴食が続いたなと感じたときはリセットも兼ねて実行すると良いでしょう。

定期的に行うことで、身体に溜まった不要な脂肪や老廃物も除去されますし、新陳代謝も活発になるため、アンチエイジングにも繋げることができるので一石二鳥ではないでしょうか。

脂肪燃焼スープの効果

脂肪燃焼スープは、コンソメや鶏がら、トマトをベースにし、たくさんの野菜を入れています。脂肪燃焼スープに入れる野菜は、玉ねぎ、セロリ、キャベツ、トマト(もしくはトマト缶)にんじん、ピーマン、ショウガなどです。

味付けとして、かつお節、鶏がらスープかコンソメスープの素、昆布、塩などを使用します。

具沢山の野菜でできたスープはお腹いっぱい食べてもカロリーが低く、それぞれの野菜が持つデトックス効果により脂肪燃焼が促されます。それぞれの野菜にはどんな効果があるのか、詳しく見ていきましょう。

脂肪燃焼スープの基本レシピ

脂肪燃焼スープの基本レシピ

キャベツを1/2個、玉ねぎを大3個、ピーマン1個、ホールトマトを1缶、セロリを1本、を適当な大きさに切り、鍋に水とコンソメをを入れ約10分程煮ます。最後に塩、コショウなどで味付けし完成となります。

脂肪燃焼スープ 玉ねぎの成分効果

脂肪燃焼スープ 玉ねぎの成分効果

玉ねぎに含まれている成分には、ジアスターゼ、硫化アリル、メチルメルカプタン、ビタミンC、グルコシノレート、カリウム、食物繊維などがあります。ジアスターゼには、解毒作用備わっているため、身体に溜まった脂肪や老廃物を体外に排出する働きがあります。

硫化アリルには、血液をサラサラの状態にする働きがあるため、ドロドロで血流が悪くなっていた部分を改善してくれる作用があります。

メチルメルカプタンにも、血液をサラサラの状態にする働きがあり、解毒作用もあるため身体に溜まった脂肪や老廃物を体外に排出する作用があります。

ビタミンCには、解毒作用があり、抗酸化作用もあるためアンチエイジングにも効果を発揮してくれるでしょう。

グルコシノレートには、解毒強化作用があり身体に溜まった脂肪や老廃物を体外に排出する働きが非常に強くあります。

カリウムには、体内に溜まった毒素や老廃物を排出する作用があるため、むくみなども改善しやすくなるでしょう。食物繊維には、腸内にいる善玉菌を活性化する働きがあり、便通を改善する作用があります。

脂肪燃焼スープ セロリの成分効果

脂肪燃焼スープ セロリの成分効果

セロリに含まれている成分には、フラボノイド、カリウム、ビタミンC、βカロテン、ビタミンB1、ビタミンB2などがあります。

フラボノイドには、抗酸化作用があるため身体の組織が酸化するのを防ぎアンチエイジングに役立ちます。

カリウムには、体内に溜まった毒素や老廃物を排出する作用があるため、むくみなども改善しやすくなるでしょう。

ビタミンCには、解毒作用があり、抗酸化作用もあるためアンチエイジングにも効果を発揮してくれるでしょう。

βカロテンには、活性酸素を除去する働きがあるため、疲れにくい身体を作り上げてくれます。

ビタミンB1には、糖質を分解する作用があるため、体内に吸収された糖質が脂肪として蓄積されるのを防いでくれる働きがあります。

ビタミンB2には、脂質を分解する作用があり、代謝を促進する作用があるため、体内に溜まった脂肪を積極的に燃焼してくれるでしょう。

脂肪燃焼スープ キャベツの成分効果

脂肪燃焼スープ キャベツの成分効果

キャベツに含まれる成分には、アリルイソチオシアネート、カリウム、βカロテン、ビタミンCなどがあります。

アリルイソチオシアネートには、血液をサラサラの状態にする働きがあるため、ドロドロで血流が悪くなっていた部分を改善してくれる作用があります。

また、活性酸素を除去する働きもあるため、疲れにくく錆びない身体を作り上げてくれるでしょう。

カリウムには、体内に溜まった毒素や老廃物を排出する作用があるため、むくみなども改善しやすくなります。

βカロテンには、活性酸素を除去する働きがあるため、疲れにくい身体を作り上げてくれます。

ビタミンCには、解毒作用があり、抗酸化作用もあるためアンチエイジングにも効果を発揮してくれるでしょう。

脂肪燃焼スープ トマトの成分効果

脂肪燃焼スープ トマトの成分効果

トマトに含まれる成分には、カリウム、βカロテン、ビタミンC、リコピン、クエン酸などがあります。

カリウムには、体内に溜まった毒素や老廃物を排出する作用があるため、むくみなども改善しやすくなります。

βカロテンには、活性酸素を除去する働きがあるため、疲れにくい身体を作り上げてくれます。

ビタミンCには、解毒作用があり、抗酸化作用もあるためアンチエイジングにも効果を発揮してくれるでしょう。

リコピンには、強力な抗酸化作用と血液をサラサラにする作用、脂肪燃焼作用があるため、身体に不要な脂肪を燃焼させ身体が酸化して老化するのも防いでくれます。

クエン酸には、代謝を活性化する作用と疲労回復作用があるため、持久力のある身体づくりに貢献してくれます。

脂肪燃焼スープ ニンジンの成分効果

脂肪燃焼スープ ニンジンの成分効果

ニンジンに含まれる成分には、αカロテン、アントシアニンなどが含まれています。

αカロテンには、抗酸化作用が含まれており、βカロテンよりも強力なことからアンチエイジングの成分としても注目されています。

アントシアニンにも、抗酸化作用が含まれており、身体を温める作用もあるため、脂肪燃焼をサポートしてくれるでしょう。

脂肪燃焼スープ ピーマンの成分効果

脂肪燃焼スープ ピーマンの成分効果

ピーマンに含まれる成分には、 カプサンチン、クロロフィル、カプサイシン、ルチン、カリウム、βカロテンなどがあります。

カプサンチンには、強力な抗酸化作用がありβカロテンよりも強力ですし、総コレステロールや中性脂肪には影響せず善玉コレステロールを増加させる作用があります。

クロロフィルには抗酸化作用と造血作用があるため、身体を健やかな状態に保ってくれるでしょう。

カプサイシンは、辛味成分のことで、脂肪を燃焼させる作用があります。

ルチンには、毛細血管の血流を改善させる作用があるため、老廃物をスムーズに排出しやすくなるでしょう。

カリウムには、体内に溜まった毒素や老廃物を排出する作用があるため、むくみなども改善しやすくなります。

βカロテンには、活性酸素を除去する働きがあるため、疲れにくい身体を作り上げてくれます。

脂肪燃焼スープ ショウガの成分効果

脂肪燃焼スープ ショウガの成分効果

ショウガに含まれる成分には、ジンゲロール、ジンゲロン、ショウガオールなどがあります。

ジンゲロールには、血管を拡張させて血液の循環を改善する作用があるため、身体のむくみや冷えを取り除くことができます。また、殺菌作用や疲労回復作用があるため胃腸や体調を整えてくれるでしょう。

ジンゲロンは、加熱や乾燥によりジンゲロールが変化したもので、発汗作用や抗酸化作用、脂肪分解作用があります。

ショウガオールも、加熱や乾燥によりジンゲロールが変化したもので、新陳代謝の促進や抗酸化作用、消炎効果、鎮痛効果、抗腫瘍効果などがあります。

7日脂肪燃焼スープダイエットの方法

スープと組み合わせる食べ物が重要です。7日脂肪燃焼スープダイエットでは、スープにプラスする食べ物を下記のように行うことが効果的です。

ダイエット1日目

ダイエット1日目は、脂肪燃焼スープとバナナ以外の果物のみ。

ダイエット2日目

ダイエット2日目は、脂肪燃焼スープと野菜(夕食はベイクドポテトに少量のバターをプラスしてもOK)。

ダイエット3日目

ダイエット3日目は、脂肪燃焼スープとベイクドポテト以外の野菜とバナナ以外の果物のみ。

ダイエット4日目

ダイエット4日目は、脂肪燃焼スープとバナナを1食につき1本、スキムミルク500ml。

ダイエット5日目

ダイエット5日目は、脂肪燃焼スープとたんぱく質(鶏肉、茹でた赤身の牛肉、煮魚など)、トマト。

ダイエット6日目

ダイエット6日目は、脂肪燃焼スープとたんぱく質(牛肉のステーキを1食につき1枚程度)、ベイクドポテト以外の野菜。

ダイエット7日目

ダイエット7日目は、脂肪燃焼スープと玄米、野菜。

この流れに沿ってダイエットを進めていきますが、脂肪燃焼スープに関しては制限がありませんので、お腹いっぱいになるまで食べても大丈夫です。

味に飽きた場合 スープをアレンジ

脂肪燃焼スープダイエットでは、1週間野菜たっぷりのスープを中心に食べ続けていきます。1日3回同じスープを1週間食べ続けると、いくら好きな人でも飽きてしまうことがあるでしょう。

そんな時は、ショウガを多めに摩り下ろして辛味をプラスしたり、カレー粉をプラスしたり、七味唐辛子をプラスしたりして味に変化をつけるようにすると良いでしょう。

まとめ

脂肪燃焼スープダイエットについて詳しくご紹介しました。野菜に含まれているさまざまな成分が、脂肪を燃焼させ不要な老廃物を体外に排出してくれるので身体がスッキリとしてくるはずです。

1週間というルールを守り、食生活を見直すことで太りにくい身体の土台を作ることも可能です。是非定期的に行い、食生活の乱れや溜まった脂肪をリセットしていってくださいね。

PR