脂肪溶解注射について知っておきたい効果や方法 注意点など

脂肪溶解注射について知っておきたいこと

何度もダイエットにチャレンジしたけれど、挫折してしまったり、思ったようなボディラインが手に入らなくて不満を抱いていたりする方は、たくさんいらっしゃいます。

一生懸命食事制限をしたり、ハードな運動を続けていたりしても、理想のボディラインに近づけないのですから、「もうダイエットなんてしたくない」と思ってしまう方も多いでしょう。

ダイエットがうまくいかない原因は、身体の脂肪細胞に原因があるからです。脂肪細胞を除去することで、理想のボディラインにより近づいていくことができますが、運動していてもピンポイントで脂肪細胞を減らすのは難しい部分があります。

そこで、最近注目を集めているのが「脂肪溶解注射」です。手術をしなくても脂肪細胞を減らすことができるため、多くの方に支持されています。脂肪溶解注射とはどのような施術方法なのか、メリットやデメリット、メカニズムなど詳しくご紹介していきましょう。

PR

脂肪溶解注射とは

脂肪溶解注射とは

脂肪溶解注射とは、脂肪細胞を溶かす効果のある薬剤を注射し、脂肪細胞そのものを減らしていく施術方法です。「メソセラピー」や「メソシェイプ」、「イタリアン・メソシェイプ」と言われることもあります。

脂肪細胞を減らすためには、今までだと麻酔をかけて皮膚をメスで切り開き、脂肪細胞を直接取り除く必要がありましたが、麻酔や皮膚を傷つけることはリスクも伴うため、施術を控えることも多かったと言います。

しかし脂肪溶解注射なら、麻酔をしたり皮膚を傷つけたりする必要がないため、身体への負担が大きく軽減されます。

また、ピンポイントで脂肪細胞を減らすことができるため、ダイエットしにくかった下半身や二の腕、顔周りにも効果を発揮できることから、多くの支持を集めている施術方法なのです。

脂肪細胞について

脂肪細胞について

脂肪溶解注射では、脂肪細胞そのものを減らしていきますが、なぜそれがメリットにつながるのでしょうか。そもそも、脂肪細胞は思春期の頃に数が決まり、それ以降はほとんど変動することはありません。

身体が太ったり痩せたりするのは、脂肪細胞が大きくなったり小さくなったりするからです。よく「脂肪を燃焼させてダイエットする」と言いますが、脂肪細胞が無くなるのではなく小さくなってかさが減っていることを指します。

そのため、一度ダイエットに成功しても脂肪細胞が再び大きくなれば、太ってしまったりリバウンドしたりしてしまいます。

しかし、脂肪溶解注射で脂肪細胞そのものを溶かして減らせば、極端に摂取カロリーを増やしたりしない限り、太ったりリバウンドしたりすることはないため、半永久的にボディラインをキープできるのです。

脂肪溶解注射のメカニズム

脂肪溶解注射のメカニズム

脂肪溶解注射を行うと、具体的にどのような作用が身体に起こるか、そのメカニズムについて詳しくご紹介しておきましょう。大まかな流れとしては、脂肪溶解注射を打つと脂肪細胞が溶かされ、燃焼されて消えていきます。

脂肪溶解注射には、フォスファチジルコリンやL-カルニチン、αリポ酸など脂肪細胞を溶かしたり燃焼させたりするさまざまな成分が含まれています。その配分はクリニックや施設によって異なりますが、成分についてご説明しておきましょう。

フォスファチジルコリンについて

フォスファチジルコリンは、動物や植物の細胞膜に豊富に存在する成分のことで、脂肪溶解注射では、主に大豆に含まれるレシチンという成分から抽出されたリン脂質を使用します。

もともと高脂血症やアルコール性肝炎、脂肪塞栓症などの治療に使用されていましたが、その作用が注目され、現代では生活習慣予防のために栄養補助食品に加えられたり、ダイエット食品に配合されたりしています。

フォスファチジルコリンは、脂肪分を分散させて乳化し、血液中のコレステロールと中性脂肪の量を減らす働きをします。この作用を利用し、身体にある脂肪細胞の脂肪酸を遊離させていくのです。

L‐カルニチンについて

脂肪溶解注射に含まれるL-カルニチンは、フォスファチジルコリンにより遊離された脂肪酸をミトコンドリアに運ぶ作用があります。

ミトコンドリアの細胞の中に、酸素とL‐カルニチンにより運ばれた脂肪酸が入ると、脂肪酸は燃焼されてエネルギーに変換されます。

そして、老廃物はリンパ液に乗って運ばれて自然に排出されるため、脂肪酸がスムーズに身体の中から消滅していくのです。

ミトコンドリアは生物の細胞を構成している要素のひとつで、呼吸によりエネルギーが生成されます。遊離した脂肪酸を運ぶL-カルニチンの働きがあるからこそ、脂肪細胞を減らすことができるのです。

αリポ酸について

脂肪溶解注射に含まれるαリポ酸は、ミトコンドリアの働きを活発にさせる作用があります。もともとαリポ酸には強い抗酸化力が備わっているため、ダイエット食品や、栄養補助食品の原料には広く利用されているものです。

αリポ酸の働きにより、ミトコンドリアの働きが活発になると、フォスファチジルコリンにより遊離され、L‐カルニチンにより運ばれた遊離脂肪酸が燃焼されやすくなり、新陳代謝も活発になります。そのため、脂肪溶解スピードがより効率よく進みやすくなるのです。

施術時間について

施術時間について

脂肪溶解注射を打つ場合、施術にはどれくらいの時間が必要になるのでしょうか。まず、脂肪溶解注射を打つ場合、クリーム麻酔で注射を打つときの痛みを軽減させます。化粧品のクリームと同じようなものなので、麻酔のために注射を打つ必要はありません。

そして、気になる施術部分に脂肪溶解注射を打ち、薬剤の注入が終われば終了です。クリニックや美容施設により施術時間は若干異なりますが、5分~10分ほどで終えることができるでしょう。

また、施術後は歩いて帰ることができるため、仕事や用事の合間にさっと施術を受けることができます。

施術回数と効果が現れる期間について

施術回数と効果が現れる期間について

脂肪溶解注射は、1回の施術時間が5分~10分と短く日帰りできるため、忙しい方でも継続して施術を受けることができます。では、脂肪溶解注射の場合どれくらいの期間で効果が現れ始めるのでしょうか。

施術箇所や体型など条件によって異なりますが、平均すると1ヶ月~2ヶ月くらいで効果が現れてきます。施術回数においては、2回~3回ほどで効果が現れてくるでしょう。

より多くの脂肪細胞を溶かして除去する場合は、それだけ施術回数も増え、期間も長くなります。

施術できる箇所について

短時間で施術が行え、身体への負担も少ない脂肪溶解注射ですが、どのような箇所に打つことができるのでしょうか。

脂肪溶解注射は、フェイス、ウエスト、背中、ヒップ、二の腕、太もも、ふくらはぎなどに使用することができます。細やかな微調整ができるため、幅広い箇所に使用できるのが大きなメリットです。それぞれの施術箇所について、簡単にご紹介しておきましょう。

フェイスの施術について

フェイスの施術について

脂肪溶解注射をフェイス部分に使用する場合、頬や顎周りを中心に施術を行っていきます。

ダイエットでも顔痩せは非常に難しいですが、丸顔であったり顔が大きかったり、下膨れや二重あごになったりする場合、その多くは脂肪が原因となっていますから、脂肪溶解注射でピンポイントに悩みを解消することができるでしょう。

他の部位に比べると、フェイス部分は脂肪が少ないため、少ない施術回数で効果を実感することができます。

ウエストの施術について

ウエストの施術について

ウエスト部分は、脂肪が付きやすい箇所なので、施術を希望する方はたくさんいらっしゃいます。

ひと口にウエストの脂肪といっても、脂肪のつき方はさまざまで、下腹に脂肪が付きやすい方や、くびれが全くない方、全体的にたっぷり脂肪がついている方など個人差があります。

脂肪溶解注射なら、それぞれの特徴に合わせて狙った部分の脂肪を除去することができるため、理想のウエストラインを作り上げることができるでしょう。

背中の施術について

背中の施術について

背中部分は、ブラジャーからのはみ出し肉が気になったり、ポッチャリしたうしろ姿に悩んでいたりと、意外と悩んでいる方が多い箇所です。

脂肪溶解注射なら、狙った箇所の脂肪を除去できるため全体的にスリムな背中にしたり、肩甲骨周辺だけピンポイントで脂肪を減らしたりすることができます。

薄着になる夏は、背中の脂肪が目立ちやすくなるので、脂肪溶解注射を行いうしろ姿に自信をつけていきましょう。

ヒップの施術について

ヒップの施術について

ヒップ部分も、悩んでいる方が多い箇所です。大きなサイズをどうにかしたい、ヒップと太ももの境目を作りたいなどの要望が多くみられます。

脂肪溶解注射なら、身体のバランスに合わせて理想のヒップラインを作り出すことが可能になります。後ろや横からチェックし、憧れのヒップラインを手に入れていきましょう。

二の腕の施術について

二の腕の施術について

ダイエットしてもなかなか痩せづらく、細身の方でも目立ちやすいのが二の腕の脂肪です。特に、年齢と共に振袖のように脂肪が下がってくるため、気になる方も多いのではないでしょうか。

脂肪溶解注射は、二の腕にも使用できるため、たるんだ部分にピンポイントで対処することができます。

脂肪細胞を減らすことができるので、二の腕だけ再び太くなるということはないので、年齢に左右されることなく美しい二の腕をキープすることができるでしょう。

太ももの施術について

太ももの施術について

太ももも、ダイエットしてもなかなか痩せづらい部分のひとつです。膝上にタップリと脂肪がついていたり、内ももがたるんでいたり、全体的にポッチャリとした印象の方もいらっしゃるでしょう。

また、脂肪細胞がセルライト化して凸凹になっている方もいらっしゃいます。脂肪溶解注射なら、セルライト化した脂肪細胞も減らすことができるため、サイズを小さくするだけでなく見た目も美しくすることができます。

ふくらはぎの施術について

太いふくらはぎが気になる方もいらっしゃいますが、この箇所においては判断が必要です。ふくらはぎが太い原因が、脂肪の場合は脂肪溶解注射が効果的ですが、筋肉により太くなっている場合は効果を期待することができません。

筋肉でふくらはぎが太くなっている方は、別の施術方法で行う方が効果を実感できるでしょう。

脂肪溶解注射のメリットについて

脂肪溶解注射のメリットについて

脂肪溶解注射についてご紹介してきましたが、メリットについてまとめておきましょう。まず、手術の必要がないので身体への負担を最小限にしながら脂肪細胞を減らすことができます。

脂肪細胞を減らすので、リバウンドすることもありません。また、脂肪吸引と異なり少しずつサイズダウンしていくことができるため、周囲に気づかれにくくなります。

日帰りで施術ができ、5分~10分という短時間での施術が可能です。治療で使われている成分が多いことから、副作用の心配が少ないとされています。

脂肪溶解注射のデメリットについて

脂肪溶解注射のデメリットについて

脂肪溶解注射にはさまざまなメリットがありますが、デメリット面もありますのでご紹介しておきましょう。

1回の施術で効果が得にくいため、何度も通う必要がある。

高額な費用がかかる 1部位1回 20,000円~60,000円以上(クリニック、成分、部位により差があります。)

施術箇所によっては腫れが目立つ場合があるため、場合によっては仕事を休まなければならないことがある。

脂肪溶解注射に含まれるフォスファチジルコリンは、大豆由来の成分のため、大豆アレルギーのある方は使用できない可能性がある。

妊娠中や授乳中の方、高血圧や心臓病などを抱えている方は、施術を受けられない可能性がある。

クリニックや施設により、含まれている成分の配合が異なり、施術スキルも異なるため、思うような結果が得られないことがある。

太りたい時に脂肪細胞がないので、太れない。

まとめ

脂肪溶解注射について詳しい情報を幅広くご紹介しました。脂肪溶解注射なら、他の施術に比べて身体の負担が少ないですし、狙った部分をピンポイントでサイズダウンすることが可能です。

食事制限や運動だけでは理想のボディラインをそのまま手に入れることは難しい部分がありますが、脂肪溶解注射ならがんばらなくても、手に入れることが可能になるでしょう。

また、脂肪細胞そのものを減らすため、リバウンドしにくいのが最大の魅力です。さまざまなメリットやデメリットがあるのでよく検討することが大切です。

また、クリニックにより成分の配合やスキルは異なりますので、口コミなどの情報を参考にしてより良いクリニックを選び、理想のボディラインを手に入れてくださいね!

PR